◎アール・クルー

 好きな音楽をかけて仕事ができるなんて、今思えば幸せな職場だったのだと思います。学生気分の抜けない私たちは、歌謡曲好きの課長が退社した後はラジカセのボリュームを上げて残業をしていました。音楽は生活の一部と信じる20代のデザイナーやコピーライターの若い集団です。ある日、大滝詠一好きの友人が持ってきたのが「アール・クルー」のベストアルバム。

   出だしが印象的な1曲目「クレイジー・フォー・ユー」のアコースティック・ギター(ナイロン弦)の柔らかい音色が心をくすぐります。ジャズというより当時流行っていたジャズ・フュージョンでした。できれば、深夜ではなく春の陽だまりでまったりと聞きたい曲です。そのアルバムはストレスがたまる現場から私たちを救ってくれた「魔法の薬」のようでした。

 深夜0時が近づいてくると、ラジカセをFMラジオに切り替えます。ジェット・ストリームという番組が始まるからです。「夜のしじまに」で始まる城達也さんの渋いナレーションが、私たちの「午前様」突入、残業第二ラウンドの合図でした。「腹減ったなぁ」の誰かの一声で、みんな集まりじゃんけん大会。10人位の「吉野家の牛丼(味噌汁付き)」をかけての大勝負でした。

 勝負に負けると悲惨です。基本的には一人で深夜の買い出しとなり、もちろん全員分の牛丼代を一人で支払わなければなりません。大雨の日の買い出しは最悪でした。負けるともう気分はアール・クルーどころではありません。心も「荒れ・狂う」でした。久しぶりにアール・クルーを聞いています。伝承かめ壷造り・本格芋焼酎「幸蔵」をやりながら、今夜は気持ちよく。











※かめ壷造り熟成の手作りの製品のため、大量生産をすることが出来ないのが残念です。自然の味が強調できる味わい豊かな商品として是非伝承かめ壷造り「幸蔵」をご愛顧お引立て賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


< ** information ** >


Copyright(C) Kouzou syuzoh CORPORATION All rights reserved